【 お客様の声 】

豊田の家

きっかけは、友達から「絶対、好きな家だと思うよ。」と力石建築工房のカタログを受け取った事でした。
玄関を入ると木の香りに癒されて、無垢の床が素足に気持ち良い、そんな家に興味がわきました。

ハウジングセンターを見学するとどのメーカーもお洒落で豪華に見え、
木造の家と謳っているいる家に入っても(思っていたより木じゃないな…)
と感じ、自分の建てたい家が建てられるのか疑問でした。

でも建築家にお願いすると予算が高いのか、家の知識が素人でも話を進めていけるのか、そんな不安もありましたが、思い切って電話しました。

転勤で大阪に住んでいましたが、家を建てるのは愛知県である事、予算はこの金額、という希望を承諾してもらい、プランを考えてもらいました。
子供部屋は6畳もなくて良い、電磁波が気になる食洗器の置き場、壁紙にクロスは使わず和紙にする、素材にこだわるけどお洒落。

冬は、蓄熱式床暖房で家じゅうが温かくなります。
床暖房がついていない夜中でも、ほんのり温かく快適に過ごす事ができます。

築50年以上の社宅に住んでいた時は、暖房器具にガスファンヒータ。
部屋は乾燥し、コンクリートの壁で窓は結露でびっしょり。
それが今の家に引っ越してからは家族みんなが風邪をひかなくなりました。
埃が舞ったり、乾燥する事が少なくなったからだと思います。

夏は、家の中に入るとなんだか洞窟のようにひんやりします。
漆喰の壁の効果なのでしょうか。
クーラーを入れる事も少なくなりました。

家族の健康も守ってくれる我が家。
子供たちの成長とともに、どんな顔を見せてくれるか楽しみです。

生野の家

私達が力石さんに家を建ててもらったのは、偶然でした。
たまたま力石さんの建てた家を見る機会がありました。
床も天井も無垢の木を贅沢に使っていて、自然光がさんさんと降り注ぐ明るい室内は初めて来たのにずっと前から住んでいる様な……
どこにいても(トイレですら!)落ち着ける、見た目通りの素敵な建物でした。
あまりに感動して、家を建てる予定なんてなかったのに紹介してもらったのが、ちょうど独立したばかりの力石さんでした。
初めてお会いした時は、お洒落な格好のおっとりと話すお兄さんで建築家というか大学生のような印象に、
本当にこの人に任せて大丈夫なのかと一抹の不安を禁じ得ませんでした。(笑)

私達は阪神淡路大震災を経験していたので、とにかく地震に強い家を希望していました。
それに最近の台風は年々脅威を増しているので、地震と台風に強い100年持つ家が絶対条件です。
また、以前実家を建て直した時に母がシックハウスにかかり、かなり苦しんでいたのを目の当たりにしていたので、小さい息子達の為にも自然建材だけで建てて欲しい事も譲れませんでした。
それまでも建築雑誌やハウスメーカーのパンフレットを読み込んでは、
この2つの条件は一緒に出来ないなぁと諦めていました。
しかし、今時の草食系男子のイメージそのままのお兄さんは、その二つは叶えられる事であり、自然建材の持つ強さや健康に良い点などを、
見た目からは想像出来ない程の(失礼!)かなりの情熱を持って説明してくれました。
台風に強い家ならば、台風の通り道である高知県の木材が良いこと、
地震に強くする為に通常よりもしっかりと地盤調査をした後に、多めの杭を強固な岩盤まで通すと良い点などを、信念を持って分かりやすく丁寧に説明し、終わる頃には夫婦共にすっかり信頼してお任せして大丈夫!と安心しきっていました。
準備が整うまでの約1年間はこちらの希望をじっくりと聞いてもらえたのも良かったです。

私達はステンレス加工業を営んでおり、アイランドキッチンやトイレの手洗い、その他細々した造作は主人が作った物を設置してもらったり、
雑誌で探してきた水回り部品の取付や、洗面所の飾り棚を作ってもらったりと、可能な限りの要望を出せました。
(最近ハウスメーカーで家を建てた知り合いは、階段下のデッドスペースの壁を取り払って収納を作って欲しいと頼んだら、それは出来ません!と断られたそうです。)
間取り等で主人と険悪な雰囲気になった時も、間に入ってもらえたので大喧嘩の危険は回避されました。(笑)
今も夫婦円満なのはそのおかげかも?

家が建つまでに半年かかりました。長いとは思いません。
何十年も住む家をたった2・3ヵ月で建てられる方が不安です。
私達の家に携わって下さった、大工さん左官屋さんペンキ屋さん家具屋さん水道屋さん……全員覚えています。
私達の中では皆さん一緒に家を創った大切な仲間です。
子供の頃に友達と秘密基地を作った時の様な……家を建てると決めてからの日々はワクワク、ウキウキ毎日がとても楽しかったです。
だからか出来上がった時は、さあ次は何を建てる?と思う自分がいて、
可笑しかったですね。

新しい家は、無垢の国産材とステンレスと鉄と土で出来た自然に還せる物だけで作った希望通りの素敵な建物です。
8年経った今でも全然古さを感じません。
今でもお付き合いがあるので、何か問題がおきてもすぐに力石さんに連絡して対応してもらっています。
ハウスメーカーの家ならば、下請け孫請と入り混んで、誰がどこを施工したのか分からないものでしょうが、そんな事は皆無です。先日も椅子の張り替えの相談にのってもらいました。

我が家は、デザインと住み良さと安心が詰まっている自慢の家です。
息子達の友達も近所のチビッ子も、私達夫婦の友人それに外国からのお客様まで、遊びに来た全員が絶賛してくれます。まさに老若男女問わず!「こんな家に住みたい、建てたい、大阪市内の感じがしない。」
とそれぞれの意見を述べつつ、誰もがすぐにくつろいで我が家のように過ごしてくれます。

建築中は遠くからでも木の良い匂いがわかりました。
棟上げ直後には通りすがりのおじいさんが、「こんな素晴らしい懐かしい家は久し振りに見たので、ぜひ写真を撮りたい。」と言って下さったり、
別のお家を建築中の大工さんがウチの現場を見ては「いいなあ、こんな家を建てたいなあ。」と羨んでくれたそうです。

もちろん家族の誰もシックハウスになんかなりませんでした。
私達はもう感じませんが、今でも木の良い香りがするとお客さまは言います。
土壁や無垢の木材は、湿気を吸放出しくれるので年中快適に過ごせます。
また、2階のリビング横のベランダに土を入れてもらって木を植えています。
ブルーベリーの収穫はヒヨドリとの競争です。
雀の親子が来たり、枝に差したミカンをメジロが逆さになって食べたりと家の中だけではなく、外も自然に溢れています。

具体的ではなく、漠然としていた私達の希望を汲んだ上で、素敵なデザインと素晴らしい職人さん達との出会いを結んでくれて納得の家を建てくれた力石さんには本当に感謝しています。
新しい我が家を検討中の皆さんで、建築家に頼むのはちょっと勇気がいるなあと考えている方がいたなら、予算を告げて一度相談してみるのも悪くないと思います。
コスパ的に損はしないです。むしろ後々の事を考えると安いくらいです。
話も聞かずに検討しないのはもったいない!
ぜひ私達が経験したワクワクとウキウキを体験してみて下さい。
素敵な大人の秘密基地が、またどこかに出来るのを楽しみにしています。