【 おもいやり 】

介護住宅とは

「将来的な身体の変化に対応でき、将来のバリアフリーリフォームもできる。」それらを見据えた設計をします。
「高齢者による高齢者の介護」の事を老老介護と言い、今後最も増加する世帯になります。
「介護を受けたい場所」のアンケートでは、”自宅で介護して欲しい”という意見が圧倒的に多い中、自宅の環境は必ずしも快適ではありません。
介護する側も高齢となり、互いに負担が大きくなるばかりです。
介護しやすい空間であれば、負担軽減とゆとりも生まれると思います。

施工のポイント

出入り口を大きく

介護が必要になった時、介助しやすくする為にトイレを引き違い戸にして、取り外し可能にしています。

ゆるやかな階段

一般的な階段よりもゆるくしてあります。
ゆるくする事によって、足腰の負担の軽減と、踏み板が広いので着地がしやすく、転倒防止にもつながります。

ぬくもりのある手すり

無垢材で手作りしています。
木製なので、ひんやりする事もなく、ぬくもりのある手すりです。
空間にも自然となじむデザインにしています。

介護住宅教育セミナー

・ご自身、もしくは配偶者の両親を自宅で介護する必要のある方
・都心部在住でスペースが限られた住居に住んでいる方
・「老老介護」で不安・負担のある方、もしくは不自由さに気づいていない方
・介護者・要介護者になり得る方

上記の方々に、今できる対策改善・これから準備していくべき内容を設計者の立場からアドバイスさせていただきます。
気軽に相談ができる環境を整える事で、先々介護者・要介護者になった時にかかる負担について理解することから初めていただきたいと思います。

セミナー実績

・セミナー内容:「高齢者が安心・安全に暮らすための情報」
場所:大阪市立住まい情報センター
・セミナー内容:「震災の経験から学ぶ高齢期のリフォーム」
場所:神戸市と住まいとまちの安心支援センターすまいるネット

建物完成時の勉強会

・これから家を建てる方
・弊社の施工例を実際に見たい方
・在宅介護を考えている方

上記の方々に向け、新築・リフォームをするにあたって、
実際の建物を見て雰囲気を掴んでいただくと共に、不安な事や知りたい事、
自然素材の特徴などについて勉強会をさせていただきます。
また、施主様から良かった事、大変だった事、設計の流れや打合せの内容
など、貴重な体験談をお話しいただく場合もあります。
なごやかな雰囲気で行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

※この勉強会は施主様のご自宅を見学させていただく会ですので、防犯のため、弊社のクライアントもしくは施主様のご友人など、何かしらの繋がりがある方に限ります。